フィールドワーク先紹介

鶴岡市役所・ナリワイづくり工房(山形県・鶴岡市)

「小さなビジネスモデル創りに挑戦し、複数の仕事を組み合わせる『ナリワイ』の働き方の可能性を研究する!」

特徴

豊かな自然
山形県の日本海側、庄内地方に位置し、標高1984mの月山、修験の山・出羽三山、日本有数の米どころ庄内平野、日本海、と変化に富む地形。鶴岡市から見える雄大な鳥海山に“惚れる”方も多いです。

多様な文化
地域独自の暮らしや“生きた文化”と言われる在来作物が、今なお残る。食文化、森林文化この保全と持続可能な地域を作るため、国際機関であるユネスコ創造都市ネットワーク食文化部門の加盟を目指しています。

チャレンジをし続けるクリエイティブ都市
慶応大学先端生命科学研究所(鶴岡市)からは、世界ではじめて「クモの糸から合成繊維を作る技術」を開発したバイオベンチャー企業も育っています。

受入の背景

鶴岡市では、UIターンを希望される方を積極的に受け入れる取組みを始めましたが、多くの地方都市と同様、UIターン希望者が「魅力的」と思う仕事を作る事が課題です。企業誘致なども大変重要ですが、視点を変えた取り組みも必要と感じています。?一方、近年鶴岡市では、フルタイム雇用ではなく、得意なこと好きなことで小さく起業し、複数の仕事をかけもちして暮らしている人の存在が見えてきました。彼らは、自分らしくいきいきと暮らしています。また、本格的な起業は難しいが、自分の得意なこと・好きなことで、小さなビジネスをしてみたい人が、複数いることがわかってきました。

そこで、今年4月「ナリワイづくり工房@鶴岡」を立ち上げ、『「部活」感覚でビジネスを実践しながら、新しいビジネスモデルづくり(=ナリワイづくり)』に取り組んでいます。ナリワイづくり工房@鶴岡は、小さいビジネスをやりたい。だけど一人じゃ一歩踏み出せない。そんな人を、仲間で相互に応援するしくみです。『好きなこと・得意なこと』×『役に立つこと』で小さく起業し、これからの生き方・暮らし方、ナリワイ(仕事)を自分たちの手で作っていくチャレンジをしています。参加者は、20~40代、主婦、農家、個人事業主、非正規雇用の人など多彩です。UIターンしてきた人もたくさんいます。http://nariwaikoubou.yukigesho.com/

このように、「働く=雇用される1つの仕事」だけではない働き方にチャレンジしている仲間もいて、豊かな自然や文化などの資源が多くある鶴岡市で、複数の仕事を組み合わせる働き方の可能性を探って頂くのが狙いです。

期待すること

当地に住んでいる人には見えない「新鮮な視点」で鶴岡を見て、ご自身のキャリアや好きなことと掛けあわせ、鶴岡市へのUIターンの第一歩を踏み出すための具体的なイメージを持ち、小さなアクションを起こして頂きたいです。また、「ナリワイづくり工房@鶴岡」参加者との意見交換や交流で、お互いが活性化することを期待しています。

メッセージ

移住に必要な要素は、「仕事・仲間・家・文化」と言います。ここには、UIターンした先輩がたくさんいます。フェイスブックユーザーが多いので、地元情報もたくさんあります。あとは、仕事。「雇用される仕事を1つだけ」という働き方だけではなく、「キャリアを活かしプチ起業」や「複数の仕事をかけあわせる」という働き方も選択肢の1つとして考えてみませんか?実際に行動を起こしている方たちの事例を見たり交流するので、きっと視野がぐっと広くなると思います。皆さんにお会いできる事を楽しみにしています。

鶴岡市 鶴岡市

株式会社丸勘青果市場(山形県・山形市)

「高齢化によって生産者の減少・離職が増えつつある農業の変革プランを考える!」

特徴

1955年創業の青果物卸売市場です。一般的な青果流通システムは、生産者から農協、全農、市場、スーパーなどの小売業者、そして消費者と6工程に対し、弊社の青果流通システムは、生産者から丸勘、スーパーなど消費者と、たった3工程で届けられます。優れた農業者を育み、質の良い青果物を消費者にお届けすることを真剣に考えた結果、画期的な流通システム「生産者直結方式」が誕生しました。徹底的に無駄を省いたこの方式は、中間マージンのない生産者と消費者がお互いに最も有益な構造を実現しました。弊社は山形県で一番の地方卸売市場として営業しており県内登録生産者数は5500名。県外出荷団体数は350団体、売上高は平成25年度で100億円となっております。また、社員研修(社員旅行)はグローバルな感覚を身に着ける為に毎年海外で行っております。

受入の背景

これまで当市場では生産者と共に産地作りを行い、売り上げの進捗と比例するように生産者を順調に増やして参りましたが、ここ近年では生産者の高齢化に伴い、農業を辞めてしまう生産者が散見し始め、今後はその動きに拍車がかかる見通しです。高齢化による農業の離職、そしてそれに伴う後継者不足は私達の業界が抱える大きな問題となっています。また流通の川下である人口減少問題、少子化なども課題点として挙げられる中で、国の政策として農業法人化の推進や海外各国に向けた国産青果物の輸出強化などと業界自体が変革期となっています。是非、視野が広くやる気と情熱にあふれる皆様よりこの流通業界を学んでいただき、そしてこの問題点を共有いただき大胆な切り口でアイディアを出していただきたいです。

期待すること

老齢化や少子化に伴う人口減少は私達の業界のみならず日本全体が抱える様々な問題点とリンクします。私達の業界の既成概念を越えた自由な発想で上記の問題点を打破するようなアイディアを期待すると共に、鮮度が高く幅広い情報を皆様方よりご教授いただけることを期待しています!

メッセージ

農業人口が減少する中で、新規農業に参入しUIターンにより大きな功績を上げている生産者もおります。山形県の農産物の流通の実態を学んでいただくことは山形を学ぶ良い機会となります。 是非、地域を学ぶつもりで取り組んでいただき、そして私も皆様方より様々なものを学ばせていただきたいと思っております。皆様方にお会いできるのを楽しみにしております。

株式会社丸勘青果市場 株式会社丸勘青果市場 株式会社丸勘青果市場

村山市商工会青年部(山形県・村山市)

「村山といえば「●●」を発掘して、人を呼びこんで村山を活性化する!」

特徴

他業種を営む若手経営者・後継者が地域課題を本気で考える共通意識のもと、地域の元気を取り戻すために活動しています。

受入の背景

村山市は現在人口約25000人に減少し、商店街は形骸化し、まち自体が暗く沈んでしまっています。かつての賑わいを取り戻すため、まち自体を見つめ直し自分たちに何が出来るか本気で考え、人が人を呼ぶ交流の場を提供できないかと考え受け入れるきっかけとなりました。

期待すること

村山市を知っていただき、観ていただき、私たちとともに地域課題を考えながら、皆様のスキルも活かしながら新たなアイデアが生まれたら嬉しいです。

メッセージ

まちを作り、賑わいを作る!私たちといっしょに夢を形にしてみませんか?

村山市 村山市 村山市