課題解決コース

課題解決コースは、地域の自治体や地場産業経営者に、地域や企業の課題解決手法や、次に向けた挑戦に必要なアクションを提案します。

“事前に出される「地域や企業の課題」”を解決する「仕事づくり」に挑戦することを通して、普段は得る事の出来ないコアな地域の可能性や課題を知り、それに対しての自らはどのように向き合っていくのかを真剣に考え、地域の課題を解決するためのスキルを習得することを目指します。

課題解決コースの流れ

オリエンテーション 7月26日(土)(東京)
13:00~15:30
  • 顔合わせ
  • プログラムの全体説明
  • フィールドワークでの見るポイントレクチャー
フィールドワーク1 8月9日(土)~10日(日)(山形、村山)
  • 現場視察
  • 課題オリエン
  • インタビュー
  • 交流会
  • 振り返り
研修1 9月13日(土)
13:00~18:00
  • フィールドワーク報告
  • レクチャー
  • ビジネスモデル作成ワークショップ
  • 発表
  • アイディアを磨き完成させる
  • 振り返り
フィールドワーク2 10月25日(土)~26日(日)(東京)
  • プロジェクトの中間発表、
  • フィードバック
  • ダイアログ
  • 追加インタビュー
  • 交流会
  • 振り返り
研修2 11月22日(土)
13:00~18:00
  • フィードバックを受けての提案ブラッシュアップ
発表会 12月20日(土)(東京)
  • プロジェクトを提案
  • 交流会

講師

pic-001

講師:山口 覚 氏

まちづくりファシリテーター
NPO法人地域交流センター理事
津屋崎ブランチLLP代表、LOCAL&DESIGN㈱代表取締役

1993 年、九州芸術工科大学を卒業後、鹿島建設に入社。大規模開発等のプロジェクトに携わるが、1999 年、建設省(現国土交通省)所管の(財)国土技術研究センターに出向。全国津々浦々の過疎地域の現状に触れ、ハコモノの限界を感じ2002 年に退社。NPO 法人地域交流センター職員としてソフト事業での地域づくりに携わる。その後、若者が東京に行ったきり地方に帰らない事が地方衰退の根本的な原因だと感じ、2005 年、自ら九州へU ターン。2009 年、福岡県福津市津屋崎に移住し、新しい暮らし・働き方・繋がりを実現するプロジェクトを実践中。この5年間で40世帯100名以上の世帯が東京などから移住している。一級建築士、まちづくりファシリテーター。